Blog

2019.07.12ダイエット

運動がすべてではない!運動嫌いがダイエットを成功させる方法とは

運動がすべてではない!運動嫌いがダイエットを成功させる方法とは

ダイエットにとって運動は切っても切れない関係にあるほど重要です。摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすのがダイエットの鉄則ですので、消費カロリーを増やす運動は欠かせません。そのため、運動嫌いの方はダイエットがうまくできないと悩む方もたくさんいらっしゃいます。しかし、運動嫌いの方でもダイエットを正しい方法で取り組めば成功させられるのです。そこで、この記事では運動嫌いが行うべきダイエット法を紹介していきます。

運動嫌いのダイエットは毎日のカロリーを把握することから

ダイエットをするなら毎日のカロリーについてある程度把握しておくことが必要です。特に、運動嫌いの方は運動によって消費カロリーを増やすのが困難ですので、余計に重要になってきます。

まず、50kgの女性の場合、1日の消費カロリーはだいたい1600~1700kcalです。つまり、ダイエットをするためには、摂取カロリーを1600kcal以内に抑えないといけないということです。ただ漠然とダイエットをしようと考えていた場合、具体的な数字が出てきてやりやすくなったのではないでしょうか。具体的な目標を設定することはダイエットを成功させるためには必要ですので、しっかりと頭においてください。

なお、体重や仕事、生活習慣によっては消費カロリー量は上下しますので、もっと詳しく知りたい方はネットなどで調べてみてください。

代謝をよくして痩せやすい身体を作る

運動嫌いのダイエットで重要なことは、運動以外で代謝を上げる、つまり消費カロリーを増やすことです。ここでは代謝をよくする方法をいくつか紹介していきます。

1つ目は、食事をしっかりと摂ることです。ダイエットといえば食事制限がありますが、無暗に食事の量を減らすだけでは失敗してしまいます。代謝を上げるためには筋肉量を増やさなければならないため、食事を減らすと筋肉が落ちてしまいます。そのため、脂質や糖質を抑えつつ、タンパク質やビタミンなどの栄養素をしっかりと摂取できるメニューでダイエットをしていきましょう。

2つ目は、水分をしっかりと摂取することです。水分を摂取して身体の巡りをよくすることで代謝がアップするのです。その際は糖分を多く含むジュースは飲まず、水やお茶で水分補給するように心がけてください。

太らないためには食べ方にも気をつける

太らないためには食べ方にも気をつける

太らないための習慣はいくつもありますが、太ってしまわないための食事の仕方もあります。例えば、夕食は睡眠の2時間前までには済ませることです。睡眠の前に食事をすると、摂取したエネルギーが脂肪に変わりやすくなるのです。また、胃腸が活動することから睡眠の妨げとなり、不眠の原因にもなります。不眠によってストレスが溜まると過食を促進するホルモンの分泌が増えてよくありません。

他には、咀嚼を増やすことです。咀嚼の回数が増えれば自然と食事のペースが遅くなり、食べすぎてしまうのを防げます。また、咀嚼は満腹中枢を刺激する作用もあるので、今までよりも食事の量が減っても満足して食事を終えられるようになるのです。このような工夫によって摂取カロリーを減らしていきましょう。

しっかり寝ることもダイエットになる

あまり知られていませんが、十分な睡眠を取ることもダイエットには有効なのです。そのため、運動嫌いの方は睡眠を削ることなく、規則正しい生活をするようにしてください。

睡眠中は成長ホルモンが分泌されていますが、このホルモンには脂肪を分解する働きがあるのです。特に、22~2時をゴールデンタイムといい、最も成長ホルモンが分泌される時間帯です。ダイエットを成功さるなら、この時間帯にしっかりと睡眠を取れるようにするとよいでしょう。

また、睡眠を取るとストレスが解消されます。ストレスが溜まると食欲を増進するホルモンが活発化するので、摂取カロリーが増えやすくなってしまいます。睡眠不足は健康や美容だけでなく、ダイエットにも悪影響を与えるので、しっかりと睡眠を取るようにしてください。

姿勢を整えると痩せやすくなる

食事や睡眠以外にも、運動嫌いの方が簡単にできるダイエット対策があります。それは、姿勢を整えることです。一見、姿勢を整えただけではあまり効果がありそうな気がしません。しかし、姿勢を正すことは、代謝アップにつながって痩せやすい身体を作りやすくなるのです。

姿勢が悪いということは、本来使われているはずの筋肉が使われていないということです。つまり、悪い姿勢は消費エネルギーを下げる要因となってしまいます。また、余計に血管が圧迫されたりするので、血行が悪くもなります。血液は身体の細胞に栄養を供給する働きがあるので、血行が悪くなると十分な栄養を得られずに代謝を落としてしまうのです。さらに、冷え性の原因にもなって、ドンドン代謝が落ちる負のスパイラルに陥ってしまうのです。

キレイな姿勢はストレッチがよい

キレイな姿勢はストレッチがよい

姿勢をキレイにするには、背筋などの筋肉を鍛えるのが有効です。しかし、運動嫌いの方は「身体を鍛える」ということに抵抗を感じて敬遠しがち。そこでおすすめなのがストレッチです。

姿勢が悪い理由は筋力が少なかったり固かったりしていて、正しい位置に背骨や骨盤がないからです。ストレッチは筋肉を強化することはできませんが、柔軟にしてバランスをよくすることはできます。その結果、背骨や骨盤の位置がもとに戻りやすくなります。さらに、ストレッチをすると血行がよくなるので、代謝をアップさせる効果も期待できるのです。ストレッチは身体を伸ばす運動ですので、運動嫌いの方でも簡単にできます。時間があればストレッチでキレイな姿勢を目指してみてください。

家事を精いっぱいするのも効果的!

消費エネルギーを増やすには、身体を使って運動するのが最も効率的です。しかし、運動嫌いの方にとって運動をするということは大きな負担となってしまいます。そこで、運動をせずに身体を動かす時間を積極的に増やすことをおすすめします。

例えば、掃除や買い物をこまめに行うのが効果的です。掃除機をかけたり中腰でトイレを掃除したり、歩いて買い物に行ったりするのは運動の感覚はありません。しかし、これらの動きはさまざまな筋肉を刺激して消費カロリーを増やせます。もし可能なら、隣駅で電車を降りたりエレベーターの代わりに階段を使うようにしたりすれば、もっと効率的にカロリー消費ができるようになります。

テレビを見ながら筋トレをしてみよう

ここまで運動嫌いの方に有効なダイエット方法を紹介してきましたが、結局消費エネルギーを増やすには筋肉をつけるのが効果的です。そこで、簡単な筋トレをしてみてはいかがでしょうか。

スクワットや腕立て伏せであれば、テレビを見ながらでも簡単にできます。数分あれば1セットできて、効果的に筋肉をつけられます。筋肉は熱を作る作用があって基礎代謝をアップさせるので、筋肉をつければ自然と痩せやすい体質に変えてくれるのです。はじめは少し負担に感じるかもしれませんが、一度筋肉をつけてしまえば後は勝手にエネルギーが消費されていきます。つまり、今まで成功しなかったダイエットが成功しやすくなるのです。

まとめ

運動嫌いの方にとって、ダイエットをするということは高いハードルがあります。しかし、ダイエットの正しい方法さえ知っていれば、痩せることは決して難しいものではありません。まずは自身のだいたいの消費カロリーを把握して、食事や姿勢に気を配るなどできることから始めてみてはいかがでしょうか。運動嫌いだからといってダイエットを諦めることなく、ぜひ積極的に挑戦してみてください。

シェイプボクシング無料体験

私たちと一緒に楽しくシェイプボクシングをしませんか? 是非、お気軽のご相談下さいませ。プロのインストラクターが丁寧にご対応致します。 無料体験申し込みはこちら

関連記事


PAGE TOP