Blog

2019.04.19ダイエット

ダイエットに効く運動の種類がある!?効果的な運動を取り入れて理想の身体を目指そう

ダイエットに効く運動の種類がある!?効果的な運動を取り入れて理想の身体を目指そう

ダイエットを成功させるか失敗させるかは、運動の種類の選び方にあります。ダイエットならとにかくランニングと考えていませんか?ダイエットにランニングを取り入れている方は多いですが、ランニングだけがダイエットに有効な運動ではありません。いろいろな種類の運動を取り入れなければダイエットは成功させられないのです。この記事では、どのような種類の運動を選べばダイエットを成功させられるのかについて詳しく解説していきます。

ダイエットは運動の選び方に注意する

ダイエットに有効な運動の種類を知っていますか?多くの方は走ったり自転車に乗ったり、または水泳をしたり、そのような運動を選択しているのではないでしょうか。これらの運動はダイエットに効果がない、とはいいません。しかし、人によっては最適な運動の種類とはいえないのです。ダイエットを成功させるためには、自分にとってやりやすい運動を選ぶのではなく、自分に合ったダイエットに効果的な運動を選ばなければならないのです。

例えば、体力がない方や脂肪が減りにくい方が、ダイエットしようと走ってもあまり効果を上げることができません。運動が続かなかったり効率的でなかったりするためです。では、どのような運動を選べばよいのでしょうか。次では、選択を間違わないように、運動の種類について少し解説します。

運動には大きく2つ種類がある

運動とひと言でいっても、有酸素運動と無酸素運動の2種類があるのです。有酸素運動とは、ウォーキングやランニング、ジョギングなど呼吸をしながら行う運動のことです。軽~中程度の運動を長時間行うことでエネルギーを消費して、脂肪を燃焼させます。ダイエットをするなら欠かせない運動になります。しかし、有酸素運動一辺倒のダイエットでは効率的にダイエットを進めることができません。

無酸素運動とは、短距離走や腕立て、スクワットなどの呼吸をほとんど止めた状態で行う運動のことです。運動を長時間続けられないので脂肪の燃焼ができません。つまり、ダイエットで取り入れている方はほとんどいません。しかし、筋肉をつけることで毎日の消費エネルギーをアップできるので、実はダイエットに有効な運動なのです。

ダイエットの運動の基本は有酸素運動

ダイエットの運動の基本は有酸素運動

上記でも説明した通り、有酸素運動はダイエットをするには欠かせず、基本の運動です。そもそも、ダイエットをするためには、エネルギーが消費される状態を作り出さなければなりません。その方法とは、食事を抑えるか運動をするかの2つです。食事は生きるためには欠かせないので抑えるのには限界があります。一方の有酸素運動は継続的に運動ができるので、ダイエットには有効なのです。

また、エネルギーは酸素を用いることで脂肪や糖を変換して作り出しています。つまり、有酸素運動は酸素を取り入れながら運動をするので、ダイエットをする運動としては理にかなった運動でもあるのです。他にも、友達と話しながら楽しみながら運動ができる点でも、ダイエットに向いているといえます。

有酸素運動を有効にするポイント

有酸素運動はダイエットに有効ですが、効果を最大限高めるためには大切なポイントがいくつかあります。1つ目は、20分以上運動をする、という点です。運動を始めたばかりのころは血中にある糖が主にエネルギーとして消費され、肝心の脂肪はあまり燃焼されていません。つまり、20分以上運動をしなければいくら毎日運動をしても十分なダイエット効果が得られないのです。

2つ目は、継続して運動をしなければならないという点です。有酸素運動に限らず無酸素運動でも継続しなければ身体に変化として現われてきません。しかし、上記でもご説明しましたが有酸素運動は20分以上運動をしなければ効果がないので、1回に多くの時間を要します。そのため、継続できずに止めてしまう方がたくさんいらっしゃいます。ダイエットを挫折せずに成功させるためには、この2つのポイントを意識して工夫することが大切です。

あまり知られていない無酸素運動の大切さ

ダイエットで無酸素運動を取り入れている方はほとんどいらっしゃいません。しかし、無酸素運動はダイエットにとって極めて有効な運動なのです。そもそも、運動は20分以上継続しないと脂肪が燃焼されないので、脂肪燃焼効率は高くありません。しかし、無酸素運動、つまり筋トレをして筋肉をつけることで、痩せやすい身体にできるのです。筋肉は脂肪と比べて高いエネルギー消費量を持っています。筋肉をつけることで基礎代謝がアップして、何もしなくても消費されるエネルギー量を増やせるのです。

ちなみに、無酸素運動をすると成長ホルモンの分泌量を増やすことができます。成長ホルモンは代謝を高める効果があるので、ダイエットの助けとなります。つまり、無酸素運動は短期的な効果は期待できませんが、長期的に見て大切な要素をいくつも持っているのです。

運動の順番を工夫することでダイエット効果は高まる

運動の順番を工夫することでダイエット効果は高まる

ここまでは有酸素運動と無酸素運動のダイエットへの効果について解説してきました。では、ダイエットのためにどのような種類の運動をどのように取り入れたら効果的なのでしょうか。その答えは、無酸素運動をしてから有酸素運動を行うです。

脂肪の燃焼が始まるまでには20分以上の運動が必要です。つまり、この間は有酸素運動をしても期待通りの効果を得ることができません。そこで、脂肪燃焼が始まるまでの時間を無酸素運動に使って筋肉を作るのです。そうすることで、痩せやすい身体を作れます。そして、20分が経過したところで有酸素運動を開始することで、効率的にダイエットができるのです。

種類は気にせずまずは運動を習慣化させる

ダイエットを成功させるために有効なことは、何よりも運動を習慣化させることです。有酸素運動や無酸素運動の有効性を解説してきましたが、ダイエットを成功させるためにはそれらの運動を継続することが大切です。短期的・単発的に運動をしていてもスムーズに痩せることはありません。まずは、運動の習慣が作られるまで運動の種類については考えず、「運動をする」という習慣を作ってみてください。

まずは2週間続けることを目標にしましょう。「やりたくない」「つらい」「疲れる」などやり始めは、身体面も気持ちの面でもついていけず一番大変な時期となりますが、一度習慣化してしまえば、今度は「気持ちがいい「身体の調子がいい」など自分にとってプラスになることばかりなので運動がやめられなくなります。

悩みがあればジムに通ってみるのもよい

いざ運動を始めようとすると、いろいろな悩みや不安があるかと思います。そんな方は、ジムに通ってみることをおすすめします。その理由は、ジムには専門的な知識を持ったスタッフが相談に乗ってくれるからです。

例えば、ダイエットに有効な運動の方法や身体に負担をかけずに効率的に運動するためのフォームなど自分一人では得られない方法を教えてもらえます。また、ジムに通うというのは、それ自体が運動を継続する手段となります。つまり、ダイエットを成功させるには、ジム通いは極めて有効性が高いのです。悩みがあるのであれば、ジムを真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ダイエットはウォーキングなどの有酸素運動が中心になりがちです。しかし、ダイエットを効率的に進めるためには無酸素運動も取り入れていかなければなりません。運動の種類について考えることはあまりないかもしれませんが、1つの運動方法にとらわれるのではなくいろいろな運動を組み合わせるようにしましょう。もし、どうすればいいのかわからなくなれば、ジムなどで専門家の意見を聞いてみることをおすすめします。そうすることで、ダイエットの成功が見えてきます。

シェイプボクシング無料体験

私たちと一緒に楽しくシェイプボクシングをしませんか? 是非、お気軽のご相談下さいませ。プロのインストラクターが丁寧にご対応致します。 無料体験申し込みはこちら

関連記事


PAGE TOP